2014年4月1日火曜日

visting scholar

 2014年4月1日より1年間、visiting scholarとしてUCLA Anderson School of Managementに所属することになりました。

 いろいろな研究者や院生と出会い、議論できることが楽しみです。

2013年10月23日水曜日

特別講演&シンポジウム(パネルディスカッション)

いつもお世話になっている研究会メンバーから、以下のご案内をいただきました。
誰でも参加可能とのことなので、興味のある方はぜひ!
 
 
---

特別講演&シンポジウム(パネルディスカッション)

“Changing our Understanding of Organizational Change: A Discourse Based Approach”

<講演者>
デヴィッド・グラント教授(Prof. David Grant)
(シドニー大学ビジネススクール)



<日時>
2013 年11 月10 日(日)
13:00~16:30(開場:12:30~)
<参加費>
無料
<会場>
〒101-8301
東京都千代田区神田駿河台1 - 1
明治大学駿河台キャンパス
アカデミーコモン2 階A 1・A 2会議室
(J R 中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線「御茶ノ水駅」下車徒歩3 分)
キャンパスマップ:http://www.meiji.ac.jp/koho/campus_guide/suruga/campus.html
<概要>
組織ディスコースは、ヨーロッパを中心として広く研究されている分野ですが、日本ではまだ一部の研究者が研究をしているだけで、広くは知られていません。この組織ディスコース研究の第一人者であり、世界的にご活躍のデヴィッド・グラント教授をお招きし、組織ディスコース研究の特別講演として“Changing our Understanding of Organizational Change: A Discourse Based Approach”についてお話し頂きます。本講演は、アメリカ的経営研究とはやや異なる展開をしているヨーロッパ組織論研究を垣間見る絶好の機会です。とくに近年、ヨーロッパ経営研究で主流となりつつある「ディスコース的視座」の貢献について、詳しくご講演を頂く予定です。皆様のご参加をお持ちしております。

*講演は英語ですが、質疑応答は通訳の補助があります。

<プログラム>
12:30~
開場・受付
13:00~14:00
講演 デヴィッド・グラント教授(英語講演)
14:30~16:30
パネルディスカッション(使用言語英語:通訳補助あり)


<主催>
明治大学大学院経営学研究科
<協賛>
経営情報学会組織ディスコース研究部会

2013年7月24日水曜日

経営哲学学会第30回全国大会@沖縄

経営哲学学会全国大会を沖縄コンベンションセンターで開催いたします。

会員の皆さんはもちろんですが、非会員の皆さんの参加も可能です。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

日程:2013年9月27日(金)-29日(日)
場所:沖縄コンベンションセンター

プログラム等の詳細は以下のURLをご覧ください。
http://www.keitetsu30.net/

2012年9月23日日曜日

「新制度派組織論とクリティカル・リアリズム」講演会

 以下の日程で、Roy Suddaby先生(アルバータ大学)とRick Delbridge先生(カーディフ大学)の講演会が開催されます。

日 時: 2012年 10月 6日(土) 13:00~15:30 (開場:12:30~)
参加費: 無 料
会 場: 〒101-8301 東京都千代田区神田駿河台1-1
明治大学駿河台キャンパス大学会館8階 第3・4会議室
(JR中央線・総武線、東京メトロ丸ノ内線/御茶ノ水駅 下車徒歩3分)

詳細(組織学会HP)
http://www.aaos.or.jp/pdf/seminar20121006.pdf

2012年2月2日木曜日

常識を疑うということ:大学院

常識を疑う。一般的に言われていることは本当にそうなのか。それを行えばうまくいくのか。

 大学院生には常にそういった態度で現象に接してほしいと思う。

 常識を疑うということは階段をのぼるようなもので、その階段をのぼってしまうともはや元の景色は見られない。また自分のキャリアが崩れてしまうかもしれない。でも、大学院の数年間ってそういう時間なんじゃないかと思う。

 もう少しで大学院入試。僕の研究室に入る人はちょっとでもそういう視点を持ってもらえるとうれしいな。

2012年1月27日金曜日

組織変革と抵抗

社会人対象の講義で、組織変革について説明した際、
「組織を変えなければならないとの意見に対し、メンバーの多くは賛同するにもかかわらず、なぜ実際に変更する時になると、反対する(難癖をつける)のか」
といった話になりました。

 さて、このような議論になった時、なんて答えますか?

 ちなみに、今指導している学生は、このことについて「利害」の観点から論文を執筆する予定です。

先週の出来事(2)

もうひとつ先週の出来事。

OBG会を開催しました。といっても、第1期生のみのこじんまりとしたものですが。

でも、出産間際の奥さんをおいて大阪から駆け付けてくれた人、3月に結婚する予定とのサプライズを胸に秘めて彼女と一緒に来た人など、驚きが多く、楽しい時間を過ごしました。

で、そのOBG会のメイン料理がこれ↓。



















一斗缶です(笑)。

いやいや、ではなく、牡蠣です。











この缶の中にぎっしりと入った牡蠣をメイン料理にしてみました。全部で80~100個くらいでしょうか。大人8名が満腹になるほど入っていました。

「広島だけじゃなく、岡山の牡蠣もおいしいよ~」と、とある先生に教えていただき、注文してみましたが、大正解!岡山虫明産の3年牡蠣、うまかったです。

以上、週末の出来事でした。

2012年1月26日木曜日

先週の出来事(1)

ゼミのOGからいただいたダッフィー。





















娘は大喜びで、写真を撮ってとせがんでいます。














でも父親は、投稿論文の作成で、、、。

2011年8月10日水曜日

経営哲学学会沖縄部会

経営哲学学会沖縄部会が以下の日程で開催されます。
もしよろしければ、ご参加ください。

---
各位

経営哲学学会沖縄部会

経営哲学学会沖縄部会開催のお知らせ

拝啓 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。さて、以下の日程で経営哲学学会沖縄部会を開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。
敬具


日時:2011年8月27日(土)12時から16時
場所:ホテル日航アリビラ会議室(中頭郡読谷村字儀間600)
報告者および論題:
第1報告 木佐森健司氏(首都大学東京)「経営学の技術研究における実践的転回」
第2報告 大平義隆氏(北海学園大学)「哲学と経営哲学の関係-日米経営者と哲学比較を通して-」
第3報告 大城美樹雄氏(名桜大学)「やんばる道の駅比較-道の駅許田の成功哲学とは-」
参加費:5,000円(当日支払)
※なお、人数を確定する必要があるため、参加いただける方は以下の問い合わせ先に、8月10日までにご連絡いただけますよう、お願いいたします。

懇親会場:ぱいかじ沖国大前店(宜野湾市宜野湾3-15-19)
懇親会費:4,000円程度
以上
(問い合わせ先)
902-8521 沖縄県那覇市国場555番地
沖縄大学法経学部 髙木俊雄
TEL/FAX 098-993-7994
e-mail toshio@takagi-lab.net
---

2011年7月9日土曜日

経営学説史(2011年度前期)試験日程

経営学説史受講者各位

経営学説(2011年度前期)の試験は、2011年8月3日(水)13時から2号館403教室で行います。

高木俊雄