2010年7月12日月曜日

切れ「そうな」ナイフと、おいし「そうな」果物を用意する

 有意義な研究をするためには、「切れるナイフと美味しい果物を探し出す」ことが必要と、ある人から言われたことがあります。

 この場合の「切れるナイフ」とは理論や調査方法のことを指し、「美味しい果物」とは興味深い対象を指しています。

 確かに、これが両方ともあれば最高です。

---

 でもそれを両方とも用意するのははっきりいって難しいです。とりわけ学部ゼミ生にこれを求めて、調査研究をさせるのは本人はもちろんのこと、僕も頭を悩ませてしまいます(去年までほんと悩んでいました)。そこで今年度、「切れ『そうな』ナイフと、おいし『そうな』果物」を用意」してみました。

 もちろん全てを用意するのではなく、あくまでチラ見せです(笑)。

 興味がわくようなものをチラッと見せて、後は考えてもらう。次回、新しいナイフを探し出してきたら、今後はまたチラッと果物を見せる。

 こんなことを繰り返しながら、今、ゼミ生に問題意識、仮説、調査対象、調査方法、調査趣旨説明書などなどを構築・作成してもらっています。

---

 おいしそうな果物をどうやって食卓にのせるか(論文化)。こればかりは学生次第ですが・・・。頑張れゼミ生!

0 件のコメント: