2010年4月30日金曜日

白石武博氏講演(沖縄経済・企業論入門)

 今日は沖縄県を代表するホテルのカヌチャベイホテル&ヴィラズニッポンレンタカー沖縄を経営している白石武博氏をお招きしてご講演していただきました。
















 カヌチャベイをスタートするまでの苦労や、バブル崩壊での大きな痛手、その後の拡張と発展等についてお話しいただきました。また、沖縄県でのEV(電気自動車の普及)についても説明されていました。

 白石さんによると、「沖縄県は他県と異なり、海が県境となっており、さらに面積も(北海道に比べ)限られている。だからこそ、EVにとっては非常に良い。なぜなら、現在のEVはそれほどの航続距離がないが、沖縄県はそれで十分」。

 このような趣旨のご発言をされていました(正確ではないのですが)。EVの弱みを県内での強みとして考える。経営学のケースとしても使えるなとついつい研究モードになってしまいました。

【白石さん講義資料(部分)】














 受講生にとっても有意義な時間だっただろうなと勝手に思っています。

0 件のコメント: