2010年4月20日火曜日

3年ぶりに

 学会報告の予稿を出したと昨日書きましたが、このネタは実は大学院生のときから寝かせていたものでした。とあるキッカケ-それは3月の研究会@沖縄大学である院生が「実践って何なんですかね?」という質問-で、ふと考えたことから始まりました。

 で、3年ぶりに考えてみようかと。もちろん、その当時の論文は読むに耐えないのですが(苦笑)。

 ということで、以下の内容について日本情報経営学会@北星学園大学で行う予定です。

---
タイトル:戦略の明示的側面と遂行的変化

要旨:本報告は、Feldman and Pentland (2003)、Pentland and Feldman (2005)の組織ルーティンの議論を援用し、「戦略実践」における明示的側面(ostensive aspect)と遂行的変化(performative change)の側面が、「戦略論の実践」において十分に考慮されない理由について、既存研究の背後に存在する合理的な戦略のあり方から考察することを目的としている。

3 件のコメント:

ayate さんのコメント...

先生、お久しぶりです<(_ _)>

「プログラムがあがってるよ」と、とあるM先生からお聞きして、見てみると先生のお名前があり、ここにまた要旨があるかもと思いまして来てみましたー!
ありましたー!

学会にはいけないので、誰かに要旨集とか見せてもらおうと思います。

がんばって下さい<(_ _)>

高木俊雄 さんのコメント...

あっ、じゃあ送るね!

高木俊雄 さんのコメント...

ちなみにayateさんの一言が今回のネタのキッカケです。