2009年12月2日水曜日

論文は3日で書かないと

 福岡での学会出張での一コマ。

 「論文は3日で書かないと!それ以上経つと書けなくなるよ。」

 ある先生がこのようにおっしゃっていました。その場にはその先生、院生2名、そして僕がいたのですが、院生の方々は「ひぇ~」って顔をしていました。

 あ~、その気持ちわかる、わかる(笑)。僕も院生時代、師匠からそんなこと言われたら「ひぇ~、ご勘弁を~」となるだろうしね。

---

 でも最近、3日で書かなければというのが理解できるようになってきた。というより、3日という時間の貴重さがひしひしと感じるようになって、「ここで書かないと、次はいつ時間がとれるんだ」という気持ちが強くなってきた。

 論文を読むのは隙間時間でもいいんだけどね。書くのってまとまった時間でやらないと、論理展開が切れてしまうからね。

 で、今、論文執筆中です。

0 件のコメント: