2009年9月21日月曜日

学会報告してきました

 連休中、京都で報告してきました。「戦略研究の言説-Strategy as Practice を巡る議論から-」というタイトルで、
・戦略とは?
・既存の戦略論が抱えている根源的な問題とは?
という2つの視点からの報告でした。

 フロアからは、様々なコメントをいただきました。
・既存の戦略の階層性について
・方法論について
・既存の戦略論に対して
 ・
 ・
 ・

 これらのコメントをいただいたときに感じたのは、これまで様々な人々によって、様々にラベリングされた言葉ほど、丁寧に説明・記述し、その言葉に付与された既成のイメージを取り除く必要があるなと。今回の報告でもできる限りそのように行ったのですが、どうしても共約不可能なこともあり、その部分では悩みました。とりわけそれが「パトス」となっている場合、困難さがドーンと大きくなります。

 いずれにせよ、今回の発表を通じてどの部分のロジックが弱いのかがよく分かったので、それを修正して論文にしたいと思います。締め切りが迫っているので、早く書かないと・・・(焦)。

0 件のコメント: