2008年9月7日日曜日

話を聞く

 最近、人の話を聞くことにはまっています。

 僕はもともと話をするほうが好きで、「どのように説得的に話すか」とか、「いかにして自分の世界に取り込んでいくか」というようなことをずっと考えていました。

 でも、最近は話を聞くのが好き。

 今回の出張でもいろいろな人から話を聞くことができました。リーダーシップの話、新入社員の悩み、一皮むけた経験、リフレーミングなど枚挙にいとまがないほどです。インタビューにご協力くださった企業の方々、OBGのS君とYさん、ありがとうございました。

---

 でも、なぜでしょうかね。

 多くの研究者は企業で働いた経験がありません。僕も正社員で企業で働くということを経験したことはありません。でもこのことが悪いことだとは思っていません。企業でフルタイムで働くという経験がない故に、新しい発見をすることもあります。

 ただ、実際の企業はどのようなフレームで行動しているのか、メンバーはどのように考えているのかなど、対象を理解しておくことは非常に重要だと思う。というよりも、自分の研究が実際の企業などとどのように関わっているのかを理解できずして研究することはないと思っています。

 そのため、様々な人(とりわけ企業の方)と積極的に会って話を聞くのですが、それ以外にももうひとつ理由があります。

 以前、「自分の立ち位置」の箇所で書きましたが、大学院時代、非常に思い悩んだ時期があります。その一つの要因として、問題意識のブレがあったと思います。何を問題にしていいのか分からなかったんだと思います。そのようなときに、大学院のある先生から、自分とはフィールドの異なる様々な人から話を聞くように勧められました。

 このような問題は自分で解決すると思っていたので、ちょっと不思議な感じがしましたが、様々な人と話をしてみると、興味深い視点が次々に表出してきました。先行文献を読むことによって問題は表れてくると暗黙的に信じていたことが崩壊すると共に、知識の源泉についても深く考えるようになりました。つまり、個人からネットワークということですね。

 そういったこともあり、現在、時間があれば話を聞くようにしています。

---

 あっ、でも、忘れないうちにインタビュー資料をまとめあげなければ・・・(泣)。

0 件のコメント: